最新情報onTwitter

学科予定表
運転技能講習
各種講習
教育訓練給付金制度
学科教習ムサシ
黒井交通教育センター日の出校
黒井交通教育センター本部
LINE
楽天イーグルス
6月25日は指定自動車教習所の日
教習指導員(見習い)募集について

アクセス

所在地

〒983-0035
宮城県仙台市宮城野区日の出町二丁目1番13号

営業時間

7:00 ~ 20:00

 ※水曜定休

お電話でのお問合せ
TEL 022-283-9777

交通カウンセリング

カウンセリングの効果

一般的にカウンセリングとは来談者の話を聴くことであり、カウンセラーが「こうしなさい」「こうしたほうがいい」などと語りかけると、それはカウンセリングではなくなり助言や指導になります。 

ミスをした社員に対して指導することや、今後繰り返さないように助言をすることは必要であり効果的ですが、それでもミスを繰り返す人やミスの原因が不明な時などは、指導的な立場の人が一方的に話をするより、じっくり話を聴くことが効果的な場合があります。

ある会社で、事故を頻繁に惹起するドライバー教育に行き詰まり、あるカウンセラーに依頼したところ、数回カウンセリングを受ける事になりました。そのカウンセリングのために片道2時間近くを会社の教育担当者が運転して数回連れて行ったそうです。 数回のカウンセリングにより、ドライバーは別人のように変わり運転行動が改善したことから、教育担当者がカウンセラーに「どうやって改善したのですか?」と尋ねたところ・カウンセラーは「特別な事は何もしていませんよ」「きっと一番効果的だったのはこちらに向かう車中であなたと沢山お話ししたことではないですかね」と言ったそうです。 

交通事故を起こそうとして運転する職業ドライバーはいません。 

例えば、安全不確認で事故を発生させてしまった場合、技量が未熟な人を除き、確認を怠った原因があるはずです。この場合、原因は心理的な事(感情、焦り、悩み等)が考えられます。 

このドライバーに確認方法の技術指導をすることや、厳しく注意することは事故の根本解決にはなりません。事故の原因を見つけるには一方的に言い聞かせるのではなく先ずはドライバーの話をじっくりと聴くことです。 

当センターではもちろん技術指導や助言指導も行っておりますが、交通カウンセリングも実施しております。 

カウンセリングは職場内で担当者が行う方が効果的な場合もありますし、第三者のカウンセラーが行う方が効果的な場合もあるかと考えます。 

カウンセリングの依頼の他に担当者からのご相談もお受けいたしております。 


カウンセリング料金 

5000円~10,000円(診断の内容により)

時間
内容
約60分
適性検査、運転診断、その他の診断
約60分
カウンセリング

※自動車事故対策機構やその他機関で実施した適性診断等の結果や事故概要等の資料をお借りできる場合はカウンセリングのみ(60分)もお受けいたします。