学科予定表
各種講習
教育訓練給付金制度
学科教習ムサシ
交通教育センター
楽天イーグルス
6月25日は指定自動車教習所の日
教習指導員(見習い)募集について

アクセス

所在地

〒983-0035
宮城県仙台市宮城野区日の出町二丁目1番13号

営業時間

7:00 ~ 20:00

 ※水曜定休

お電話でのお問合せ
TEL 022-283-9777

実施事例

実施数 (現在) 

○運転講習 

 タクシー会社 : 13社

 運送会社   :   4社

 バス会社   :   2社

 一般企業   : 52社

 実施人数 約500人以上

○企業の安全行事での出張講話:3社  のべ400人程 

○その他 

  ・仙台一高原付通学者講習会の受託講習 

   (座学1時間:仙台一高教室、技能2時間:当センターコース)(毎年実施 2010年~) 

  ・県内中学校での自転車安全運転教室へのスタッフ派遣(1校 座学:2時間 中学校へ出張) 

    ・ASK飲酒運転防止インストラクターによる講習会(地域の高齢ドライバー約20名対象 当センター教室 ※無料)

【 トラック 】 企業講習(企業主催の安全運転講習会の開催)

『 沼田運輸倉庫株式会社 様 』

平成26年度 

当施設の教室にて沼田運輸倉庫株式会社(仙台市若林区)様主催の安全運転講習会を開催しました。(トラックドライバー約80名)当センター交通心理士による安全講話と沼田運輸倉庫㈱運行管理者による講話などを3時間実施しました。 

27年度 第1回

出張講師のご依頼をいただき、別会場にて「安全運転講話」及び「エコドライブのすすめ」計2時間の講話を実施しました。

沼田運輸倉庫㈱のドライバーの皆様は、疲労がピークの業務後の夜間にもかかわらず、講師や視聴覚資料をしっかりと見据えながら集中して取り組む姿勢が頼もしく感じられました。

27年度 第2回 

職員(ドライバー)約80名、 当センター講師1名 

今回で3回目(今年度2回目)になる沼田運輸倉庫㈱のドライバーが一堂に会する研修会が3月19日に開催されました。

今回は、一昨日の17日に広島市の八本松トンネルにて死者2名、多数の負傷者をだしたトラック事故がニュース等で大きく取り上げられていたことから、冒頭でこの話題に少し触れた後、「ヒューマンエラーによる事故を考える」をテーマに約90分の研修を行いました。

広島の事故の加害者となった運送会社はドライバーの教育に関して不十分な点が多々あったようです。

沼田運輸倉庫㈱様は、定期的にこのような研修会を開催してドライバーの安全 意識の向上に取り組んでおられます。

このお熱意ある取り組みにつきまして、今後も継続して協力させていただければと思っております。




『 株式会社 三協運輸サービス 様 』

ドライバー研修(30名) 

平成30年11月10日(土)会場:R45・日の出自動車学校/交通教育センター 3階教室 

時間:9:00~12:00(3時間) 

内容:講話(事故の背景にある心理的要因や身体機能について) 

   グループワーク (事故発生要因についてのディスカッションと発表による情報共有) 

担当:奥山 祐輔 教育センター長(国交省第一種カウンセラー・講師、交通心理士)

初めてのご依頼でしたが、3時間の研修のリクエストを頂き実施いたしました。 

後半はグループワークを取り入れて、その後各グループから発表するスタイルで研修は進みましたが、積極的な発表や他のグループの発表に対しての質問なども多く飛び交うなど、予想以上に活発な研修になりました。 

当センターでは、事故防止のための安全運転研修であっても、楽しく活発に取り組むことが重要と考えております。 

今回は事故の要因についての基本的な考え方を講義した後に具体的な要因をドライバーの方々でディスカッションして発表してもらいました。

事故防止のきっかけになることを願います。